視力回復 ツボ 呼吸

Image Replacement

眼筋フィットネス

eye-6.gif

視力低下の原因のひとつに眼筋の運動不足とアンバランスがあります。

眼筋が弱ってくるとレンズである水晶体がきちんと目的物に対して膨らませたり縮めたりして焦点を的確に合わせるということが出来なくなり、とくに近視の人は水晶体が正視の人に比べ厚くなっていて眼軸が長くなり奥行きが深すぎるため、遠くのものを見る時に網膜の手前で像を結んでしまうので遠くのものがぼやけてしまうのです。

眼筋フィットネスをすると徐々に眼筋が鍛えられ水晶体のレンズ調節がスムーズにできるようになっていきます。

また、やりずらい方向はとくに眼筋が弱っている場合が多いのでその方向は少し多めにします。

ただ急にやりすぎるとかえって眼筋を痛めてしまいますのでゆっくりと回数を増やしましょう。
目のフィットネスをするときはメガネやコンタクトレンズは外してからはじめましょう。

ぎゅっと目をつぶったら上を見て再びぎゅっとつぶり今度は下を見ます。
再び目をぎゅっとつぶって右上、同じように方向を変える時は目をぎゅっとつぶってから右下・左上・左下というふうにやっていきます。

次にちょっと離れた壁などに時計を思い浮かべて中心から12時の方向・中心に戻り1時の方向というように時計回りに1回、反時計回りに1回を1セットとして朝晩2回くらいやるといいでしょう。

遠近法のトレーニングは気がついたときにやりましょう。

30cm位の近いものを見て3〜5m位のところを見る。
または近いものを見てから遠くの景色を見るというように何回か繰り返します。
これもやりすぎないように注意してやりましょう。
徐々にスピードをあげて近く、遠くを交互にみるようにします。

両目をバランスよく使い、正しく働かせる融像トレーニングには3Dのマジックアイなどの本を利用するといいでしょう。↓



14日間視力回復プログラ
ム!川村博士の視力回復法”ジニアスeye"
1,353人のメガネ使用
者がわずか3日で視力が1.0に!!見える!驚異の視力回復法